トップページ>お知らせ

私季節の中では夏が一番好きです。

大好きな夏もくるし、Tシャツ購入しましたので紹介させて頂きます。
前々から欲しかったのですが、
Tシャツって着る機会がないから迷ってたんですよね。

ガンダム ザクシルエットTシャツ。
いわゆるアニメTシャツです。
そう、このアニメTシャツがずっと気になっていたんです。
ガンダムは有名ですよね。

私はガンダムは好きな方なのですが
特にこのTシャツにプリントされている
zakuという機体が一番好きです。

安定したフォルムと足の重厚感は何度見ても飽きません。
どうです?


かっこいい

でしょう!

zaku.jpg

3月に機会があって資格試験を受けてみました。

で、結果ですが努力のかいあって全て合格しました、
結果が出るまでは気が気じゃなかったすが、良かったです。

試験の内容ですが、
基礎的なことのみで応用能力を必要とする問題は出題されません。
ですので過去問題を問いていけば経験者は難なく合格出来ると思います。

Photoshopクリエイター能力認定試験  エキスパート
2部が大問なのですがけっこうぎりぎりですね...
musicDSCF7605.jpg

Illustratorクリエイター能力認定試験 エキスパート
一部試験で少し迷うところがありました、やっぱり点数低いですね...
musicDSCF7606.jpg

Flashクリエイター能力認定試験 上級
フラシュは意外と簡単な問題ばかりですので
初心者でも上級受けれるんじゃないかな、という印象。
musicDSCF7607.jpg

Webクリエイター能力認定試験 上級
99%!あと1%がなんだったのか気になります。
でもよく頑張りました賞。
musicDSCF7604.jpg

私は資格試験は学生の時以来でしたので 試験の際の緊張感も久しぶり。
楽しんで資格勉強と受験をすることが出来ました。
2012年2月18日(土)開催のAUGM大分に参加してまいりました!

一昨年初めて参加しまして、今年が2回目の参加となりました。
随分人気のセミナーのようでチケットは公開一時間で売り切れ状態だったらしいですね。

アップルユーザーの為のアップルユーザーによるセミナーイベントということで多少の心苦しさと好奇心で参加させて頂いておりますが...

個人的にはアドビCS5.5の機能に驚かされましたね。
フラッシュなんかはアイフォンの普及に合わせて
随分様相が変わっていましたが、本当に流れの早い業界だと思います。

少し遅れていったので林信行氏の講演が聞けなかったのが残念でした。

で、次に。
今回の「じゃんけん大会」では運よくたくさんの商品を頂きましたので
ここに載せます!!

ADOBEよりメモ帳です。実はこれ。
ATOKの日本語入力ソフトが当たったんですが
色々あって交換してもらいました。
ADOBEはメモ帳もオシャレです。
DSCF7398.jpg

メモ帳!!!EIZOさんのもの。
DSCF7393.jpg

ソフトのハコ...?
説明してくれたのですがなんらかのソフトの箱です。
これ、5枚あったので周りの席の方におすそわけしました。
ということで残った一枚。
DSCF7396.jpg

じゃん!文房具セット!!
ペンとー定規とー計算機とーマウスパッドーとステッカーと
とにかく色々で楽しいセットでした。EIZOさんのグッズ。
DSCF7399.jpg

そして...これは凄いんです。
コーレル株式会社さんよりAfterShotPro です!
画像編集ソフトだそうなんですが、RAWデータの編集に長けているそうです。
DSCF7397.jpg

で。まだまだあります、moshi アイフォンケース。
オシャレですねー 
DSCF7377.jpg

そしてこれらは参加者全員に配られた
【マイクロファイバーシステムクロス
DSCF7392.jpg

で、これはホッカイロです!
今気付きました、もう3月になっちゃっいましたね...
DSCF7394.jpg

周辺機器などのカタログ。
随分立派な装丁です。
DSCF7395.jpg

DSCF7400.jpg


ふう...ということで全部紹介できたかな...
この日は私ある試験の受験表をごっそり紛失してしまいましたが
なんだかんだで楽しい一日でした。



早川徳次

| トラックバック(0)
1893──東京の下町に生を受けたが、母親が病弱

1895──口減らしのため養子に出されるが、養母にいびられまくる

1900──養母が「お前は小学校には行かせない」宣言。
超重労働家事をミスると飯抜き

1901──ある盲目の女性の紹介により丁稚奉公に出るが、
養母がタカリに来る

1911──18歳で独立、ここでようやく両親が他界していたことを知る

1912──実の兄と対面、兄弟で会社を設立。
独立資金50円の内40円は借金

1922──働きすぎによる過労で倒れる。
血清注射による治療であやうく命拾い

1923──関東大震災発生。ここでも九死に一生を得るが、
妻と二人の子供は死亡、
工場も焼失。債務返済のため各種の特許を売却。
再び一文無しとなる

1924──新天地・大阪で会社設立。
旧従業員数名が手弁当で無理についてきた
      「給料を払えるかどうか分からないんだ、
東京のほうが復興需要で仕事があるぞ」
      「社長、誰が給料欲しいなんて言いました?」

1948──物不足と金融引き締め政策により経営悪化
      「可愛いお前たちのクビを切ってまで、
会社を存続させられない。
      再就職先は死んでも俺が見つける。心配するな」
      「社長、この会社が無くなるぐらいなら、
それこそ死んだほうがマシです」

1950──倒産の危機。なのに盲人を雇うための会社を設立。
「あのときあの盲目の女性から受けた恩を忘れたら、
俺は人でなくなってしまう」
従業員もなぜか賛成「それでいいんです、社長。
それでこそ社長とこの会社です」

1962──まだ会社は油断できない状態なのに福祉会館を設立。
      「人を愛することは、自分を愛することと同じだ」 
従業員もなぜか賛(ry

1970──社 名 を 「 シ ャ ー プ 株 式 会 社 に 変 更 」
シャープ株式会社創業者・早川徳次(1893 - 1980)

苦労人だったんですね...
驚きました。

機会があって、
歌舞伎を見に行ってきました。

錦秋博多座大歌舞伎が11月から一か月間、
開催されてるんですね~

index_h231101.jpg

ということでじつは今月中に
今回含めて2回見にいくんです!

時間の都合で2幕しか観ませんでしたが、
夜の部の演目は

  1. 芦屋道満大内鑑
  2. 勧進帳
  3. 楊貴妃
勧進帳と楊貴妃は動画で何度も見てたのですが
大内鑑は初めて見たんです!

予習をあまりせずに観たので
分かるか心配だったのですが、
喋り方はゆっくりですし、あとは動きで内容はあまり知らなくても
意外と理解できるもんなんですね。

個人的には女形の出演する演目って華やかで凄く好きなんですが、
葛の葉の役の芝雀さんがう...うつくしい...

葛の葉が初登場の時、機織り部屋の小窓をスッッとあけるんです。
その瞬間の葛の葉、妖艶すぎて鳥肌モノでした。

狐葛の葉と本物葛の葉、
2人の葛の葉は同じ役者が演じるんですが、
役の切り替えの速さも注目すべきところなんですね。
私はしばらく同じ役者さんだと気づきませんでした。
そのくらい衣装かえて出てくるのが早いんです!!!

で、歌舞伎見てるとお客さんが屋号言うんですね。
「イヨッ~屋~っ」とかって。

大内鑑の時に「キョウヤァ~ッ」言ってたので
そうか、役者がキョウヤとかいう名前なのか...と一瞬思いましたが
いやいや違う。屋号ですよね。

あれタイミングどういう時に言うんだろう...と気になったのでググッてみました(笑
なるほど。大向というらしいです。興味のある方見てみてくださいね!

歌舞伎を見ている時に、
お客さんが「○○屋~」と声を掛けますが私もやってみたいのですが
声を掛けるタイミングが分かりません。↓


かぁ~~~~かぁ~~~~~たぁ~~~~~まぁ~~~~~~~!!!

趣味の話なのですが最近機会があって

スタジオにはいることになりまして。
やっぱり音楽って楽しいですね。

その時はベースを持ってはいったんですが、

一緒に入った方がテレキャス持ってきてて。
ちなみにこんな割りと馴染みのある形のギターです。
これが音がキャリキャリゆって、エフェクターなしてでもいい音するんですね。
ほっ欲しい...

2a04cc80_1304001311042.jpg

ちなみに私がここ数年使ってるのは
フェンダーサイクロン。
こんなかんじです。現物の写真ではないですが。
カッコイイでしょう!!!!
でもリアの方のピックアップが調子悪いので修理ださなければいけない。

img00318402270.jpg


今後はビートルズなんかを演奏する予定。
お披露目する際には是非。

宇宙とか時空とかって皆好きですよね。

以前NASAからの宇宙人についての重大発表が朝方4時くらいにあり、
起きて待っていましたが肩透かしをくらいました。

いえ、いえ。

違うんです。

発表自体は凄いものだったと思うんですが
宇宙人っていったら知的生命体みたいな...もっというとタコ足火星人みたいなの想像しますよね!
...ね?

ということで

アインシュタインの理論実証 米衛星、時空のゆがみ観測 

質量が存在すると、ボウリングのボールが載ったトランポリンみたいに 
時間と空間で構成される4次元の「時空」がゆがむ、
というアインシュタインの一般相対性理論の予言が、 
米航空宇宙局(NASA)の人工衛星「GP―B」の観測で確認された。 
天才の考えの正しさが改めて実証された。 

 NASAの4日の発表によると、遠方の星が見える方角が、
1年に9万分の1度ほどの割合で変化していた。 
この変化は、地球の自転で発生する時空の
渦の効果として理論が予言する量と一致した。 
また地球の質量による時空のゆがみによる方角の変化も、
理論の予言通りに観測した。 

 重力を扱う一般相対性理論は1916年に完成。 
重力で光が曲がる「重力レンズ」効果の観測などから正しいと考えられているが、
確認の実験が続いている。 
76年には精密な原子時計を積んだ探査機GP―Aが、
地上より重力の弱い高空では時計が速く進むはずという理論を確かめている。 

 同理論は時空のゆがみが光速で伝わる「重力波」の存在も予言しているが、 
まだ観測されていない。(ワシントン=勝田敏彦) 


文系理系関係なくどの分野でも理論を追求する学者って憧れます。


神の存在証明

| トラックバック(0)
カントだったか誰だかの推理。

人が行動を起こすには、何らかの目的が必要。
そしてその目的は、次の目的に繋がる。
例を挙げると、
・勉強しよう→進学校に行きたいから
・進学校に行こう→東大に行きたいから
・東大に行こう→いい会社に入りたいから
・いい会社に入ろう→幸せになりたいから

こういう風に、目的は連続する。連続しないならば、
それは目的ではなく欲望。
さて、そうすると、最終的に到達する目的(究極目的)は「無限」でなければならない。
もし、究極的に有限ならば、それまでの目的がすべて、目的ではなくなってしまうから。

無限のものは、物質の世界には存在しない。
だから、有限の世界として、神がいることになる。

かいつまんで言うと、
「いずれ死ぬなら、今死んでも一緒じゃね!?」
という問いに対して、一つの答えとして、無限の世界がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
っていうのを見つけてですね。
胡散臭いタイトルに引き気味になるかもしれないのですが。
哲学の話といことで...
詳しくはないんですがおもしろいもんですね~

ということで載せてみました。



エイプリルフールってなんで嘘ついていい日か知ってますか?


ギルドって18世紀くらいのヨーロッパの商人の組合みたいなのがあって
商売やってるから勿論帳簿とかつけるんですよ。


ところが計算合わないこともあるわけで。
昔のことですし。


で、年に1回、その帳尻合わなくてもしょうがないって
リセットする日をつくったんですね。


それが4月1日


で、帳簿をごまかしてもバレない日、みたいになって
拡大解釈されて、今の嘘ついてもいい日、てことになったそうです。


いや、嘘なんですけどね。

載せます。

4人でそれぞれ描いたのですが、
いざとなるとネタって思い浮かばないものですね~

4コマ漫画を描いたので載せ.jpg

【続】4コマ漫画を描いたの.jpg