このブログ記事について

このページは、2012年1月25日 19:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「錦秋博多座大歌舞伎」です。

次のブログ記事は「AUGM大分 - OITA Apple User Group 温泉りんご 2012」です。

最近のコンテンツはブログトップページで見られます。過去に書かれたものはこちらから見られます。

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

早川徳次

| トラックバック(0)
1893──東京の下町に生を受けたが、母親が病弱

1895──口減らしのため養子に出されるが、養母にいびられまくる

1900──養母が「お前は小学校には行かせない」宣言。
超重労働家事をミスると飯抜き

1901──ある盲目の女性の紹介により丁稚奉公に出るが、
養母がタカリに来る

1911──18歳で独立、ここでようやく両親が他界していたことを知る

1912──実の兄と対面、兄弟で会社を設立。
独立資金50円の内40円は借金

1922──働きすぎによる過労で倒れる。
血清注射による治療であやうく命拾い

1923──関東大震災発生。ここでも九死に一生を得るが、
妻と二人の子供は死亡、
工場も焼失。債務返済のため各種の特許を売却。
再び一文無しとなる

1924──新天地・大阪で会社設立。
旧従業員数名が手弁当で無理についてきた
      「給料を払えるかどうか分からないんだ、
東京のほうが復興需要で仕事があるぞ」
      「社長、誰が給料欲しいなんて言いました?」

1948──物不足と金融引き締め政策により経営悪化
      「可愛いお前たちのクビを切ってまで、
会社を存続させられない。
      再就職先は死んでも俺が見つける。心配するな」
      「社長、この会社が無くなるぐらいなら、
それこそ死んだほうがマシです」

1950──倒産の危機。なのに盲人を雇うための会社を設立。
「あのときあの盲目の女性から受けた恩を忘れたら、
俺は人でなくなってしまう」
従業員もなぜか賛成「それでいいんです、社長。
それでこそ社長とこの会社です」

1962──まだ会社は油断できない状態なのに福祉会館を設立。
      「人を愛することは、自分を愛することと同じだ」 
従業員もなぜか賛(ry

1970──社 名 を 「 シ ャ ー プ 株 式 会 社 に 変 更 」
シャープ株式会社創業者・早川徳次(1893 - 1980)

苦労人だったんですね...
驚きました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://s-ac.jp/mt/mt-tb.cgi/54